もう一つの宇宙

幾重にも色ガラスと細かい泡を、ガラスの中に閉じ込めて見ました。 雪の上に置いてみたり、ガラスを透かしてみると中の様子が見えてきます。 ちょっとした宇宙になりました。 次は、 大きな泡と、赤い線をぐるぐるしてみました。 雪…

火の魔力

ガラスの窯に火をともす。 ガラスの原料は 珪砂、ソーダ灰、石灰が主な成分なのですが この成分にある温度(1380度近く)を与えるとガラス化します。 かなりのエネルギーとハイテクがないとガラスの元はガラスになりません 今は…

のぶす

岐阜城のお膝元にたたずむ町屋の一角に 以前診療所だった建物を改築したギャラリー&カフェがオープンしました。 現在のオーナーから5代前にあたる青木雄裁は岐阜大学医学部の礎を作った人でもありま す。 話によると、板垣退助が岐…

星空の映画祭

暑い日がつづきますが ここは標高1000メートルを超える森の中の八ヶ岳原村の自然文化園です。 日が暮れると。あっという間に長袖長ズボンが必需品になります。 星を見ながらの屋外での映画を見に行きました 8月5日~8月26日…

夏本番

いよいよ梅雨が開けて夏本番です。 8月31日まで富士山の西湖いやしの里の見晴らし屋という建物で 期間限定のツパイ工房直営店を開いていますので是非遊びにおいで下さい。 万華鏡の体験教室も開いています。 標高が900メートル…

あっちとこっち

なんだかとても懐かしくて懐かしくて つい写真を撮りました。 場所は長野県の白樺湖から峠を越えて しばらく走った所です。 コンクリート作りのなんの変哲も無い橋なのですが 白いガードレールが付いていないのがいいのです。 どん…

工房は楽しい

先日、近所で仕事をしている、銀のスプーン工房 ほそや さんの アトリエに初めておじゃましました。 ドアを開けると目の前に人の背丈の2倍はある大きな鉄の塊が目の前に 迫ってきたのです。でも威圧感というよりはそこには大きな働…

もう一つの世界

                       鏡の向こうは楽しい       この半年あまり万華鏡にはまっている       ガラスの塊のオブジェを作っていると       思いもよらないガ…

いやしの里の展示会

真っ白な富士山を毎日仰ぎ見ながら 西湖いやしの里 根場 にある工芸館 に毎日通勤しています。2月1日までなので 長丁場であります。 標高は900メートルぐらいあり、あまりにも寒く一 日中ストーブをつけても部屋の温度は10…

暖かい雨の日

今日は朝から雨なので シロ(犬の名前)。と、マロン(猫の名前)は 一日中家でゴロゴロしています。 マロンは家の中で一番居心地のいい場所に 陣取りシロは自分の定位置で暇そうにしています。 あー 雪にならないかなー そんな事…