カテゴリー別アーカイブ: オブジェ

石川県能登島ガラス美術館 日本のガラス展 開催のお知らせ 

2015年9月に始まりました日本のガラス展が4月9日から7月10日まで

巡回展で石川県能登島ガラス美術館にて開催されております。

下の作品は4月9日~5月23日まで展示されています。

どうぞご覧ください。

下の写真タイトルは

鎧の中の少年 Boy in the armor

テレビ画面の向こうに銃を持った

少年の姿が映し出された

あなたに、平穏な日が来る事を

願いながら

鎧の中の少年
鎧の中の少年

ガラスの顔

粘土で制作した原型の顔が

やっとガラスになりました。

光の当て具合で表情が劇的に変化するので

あらためてガラス素材の魅力を感じます。

これで胴体と頭は出来たので

組み立てて完成です

完成品は下記の場所で見れます。

2015 9月1日~9月6日 代官山ヒルサイドテラス

2015 9月12日~10月18日 山形県 酒田市美術館

その他

kao2

ガラスの顔

 

 

 

   人顔

久しぶりに粘土で少年の顔に挑戦してみました。土をほんの少し盛り上げるだけで表情が変わります。特に目の瞳が勢いよくしかも冷静にタッチしないと涙目になってしまいます。身体はもう出来上がり、後は頭部をどうするか?この粘土の顔がガラスの原型になるのですが。まだまだ道半ばです。

 

一休み

一休み
一休み

これは何の写真ですか?

今度の7月12日~21日まで国分寺くるみギャラリーのDMの写真なのですが

いまのところ、すぐに理解してくださった人はごくごく少数派です。

実は

猫が自分の手を枕ににして眠っている姿なんですが。。。

ここが耳で、ここが鼻で、手がこれよと説明して

初めて、あーそうとも見える。。

いやいや

そう作ったんだよと

実物は手のひらサイズです。

ペンのスケッチも展示します。

 

 

おいで

招き猫

招き猫を作ってみました。

手のひらに収まるぐらいの大きさなのですが、

ガラスの塊で出来ているので小さい割にはずしりと重みがあります。

最近なんだか具象が多くなってきました。

この作品は

6月8日~6月15日まで福岡県にある<ギャラリーぶんかとう>

http://www.bunkatou.com/のグループ展に

出品中です。

招き猫

manekineko-right

先日。長年我が家に数々の福を招いてくれた三毛猫のマロンが旅立ちました。

ネズミを捕るのが大変上手でいつも凜としていて近寄りがたい猫でした。

以前はどちらかというと犬派でしたが

今から9年ほど前に、子どもの友人の家で生まれた子猫を連れてきたのが

初めて猫を飼うことになったのです。

あれから今は猫派になってしましました。

出会いは別れの始まりと

誰かが言ってましたが

だいたい動物は

飼い主よりも

先に行ってしまいます。

人も出会いがあり、別れも必ず来ます。

生のある内にたくさんの出会いと福を求めて

招き猫創ってみようかなと思って

粘土で原型を制作してみました。